2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2011.03.20 (Sun)

報告

Tp.芝崎です。

悲愴1楽章の154小節目と156小節目の、
付点か複付点かについて、小平さん、計倉さんと話した件ですが、
私のイメージとスコアは付点で、お二方は154小節は付点、156小節は複付点
でしたよね。

私のイメージとスコアと共に誤りかと思いましたが、
今、CDで確認すると、
  バーンスタイン/ニューヨークフィル は私の言った通り、両方付点
  ショルティ/シカゴ響 は小平さん,計倉さんの通りでした。

難しいですね。スコアもCDも色々あるとなると、簡単に結論付けられません。

余談になりますが、ヘンデルのメサイアの“The trumpet shall sound”の
2小節目3拍目のアウフタクトは、現在8分音符で書かれてますが(全部かどうかは不明)
16分音符で演奏します。

しかし、チャイコフスキーの時代なら解釈がどうのこうのということはないでしょうから、
どちらかが誤りです。
私は、付点と複付点をいいかげんに(適当に)やる演奏がすごく嫌いなんです。
一緒に研究しましょう。
スポンサーサイト
17:51  |  音楽情報  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |