2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2010.11.03 (Wed)

情報

Tp.芝崎です

更新がないので、音楽情報の雑記です。

ラフマニノフのピアコン2&3のCDが届きました。
古典派のピアコンは演奏(もちろんラッパでですよ)
したことはありますし、近代でもラヴェルのピアコンは
ラッパのオケスタの定番なので過去にさらいましたが、
ラフマニノフ、すごいですね。ピアノ弾けなくても
難しさはわかります。

ピアノはさておき、アバド/ベルリンフィルですが、
やっぱりすばらしい。
何が?バランスです。中低音が鳴る鳴る!
中学時代(35年前)からピラミッド型にしないといけない
と言われてましたが、それです。それ。

ただ、ちょっとオタク的に言わせてもらうなら、1番Tp.が
ベルリン的ではない。昔は1番もM社のBb管限定で、
その後、1番はM社のC管、2番以降はM社のBb管という
時代を経て、今(この録音の頃から?)、メーカー指定も
なし、2番もC管を使うという時代に入っていきます。
メーカーも、重戦車と言われているM社から、スポーツカーと言われる
L社のロータリートランペットに変えるプレイヤーが増えました。
L社は元々ウィーンフィル御用達なので、ベルリン的ではないと
感じたのはそういう意味です。
先入観ではありません。実際の録音時の楽器は知らないので、
率直な感想です。

ベルリンフィルだけではなく、アメリカのメジャーオケの
昔と今との趣向の違いはもっとです。
グローバル化というか、ご自分たちを反面教師にされているのか、
どこも真逆のスタイルを意識しすぎている気がします。
予想はしていましたが、今年、シカゴ響の金五を聴きに行って
その点が「やっぱり。いやそこまで?」と驚きました。
派手にやると「アメリカンだ!」と嫌う指揮者が増えている
らしいですが(これが最大の理由?)、私としては
アメリカのオケは、アメリカンでいて欲しいです。

メールではないので、もし三木市吹のメンバー以外の
クラシックファンの方が見られて、間違っていると思われたら
すみません。あくまでも私見ですので。

では、よい休日を。
スポンサーサイト
13:30  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■訂正

ただの雑記ですが、いま読み返すと最後の部分が
気に入らなかったので、訂正しました。

どうでもいい文に、どうでもいい訂正ですが、
こだわる性分なので。
Tp.芝崎 |  2010.11.04(木) 15:30 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mikishisuisougakudan.blog75.fc2.com/tb.php/48-1ec796bf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |